目次

  1. マクロとは
  2. マクロの作成/設定を開く
  3. UI
  4. マクロを作成する
  5. マクロにアクションを追加する
  6. マクロに引数を設定する
  7. アクションの有効/無効
  8. マクロのオプション
  9. 作成したマクロを使用するには
マクロとは
KeyToKeyにはマウスの操作や、キーボードの操作を行ったりその他様々な操作を実行することのできるアクションと呼ばれる機能が用意されています。
そのアクションを組み合わせて操作の自動化を行うのがマクロです。
マクロはKeyToKeyの中心的な機能で、様々な方法/タイミングで実行することができます。
ループや条件分岐、メソッド(関数)といったプログラミング的な機能も保有しており、複雑な操作を作ることも可能です。
マクロの作成/設定を開く
no title
UI
1

①マクロ一覧
左側のリストにはマクロの一覧が表示されます。

②引数
引数はマクロを割り当てる際に値を受け付けることができます。
受け付けた値はローカル変数へと代入されます。

③ローカル変数
ローカル変数を定義することが出来ます。
設定読み込み時に"一度だけ"変数の初期化が実行されます。

④アクションリスト
ここでアクションを並べて処理を作成します。アクションは基本的に上から下に向かって実行されます。
基本操作
操作 説明
ダブルクリック アクションの編集
右クリック メニュー表示

ショートカット
ショートカット 説明
上矢印キー アクションを上へ移動(複数選択可)
下矢印キー アクションを下へ移動(複数選択可)
Ctrl + A アクションを全選択
Ctrl + C アクションをコピー(複数選択可)
Ctrl + X アクションを切り取り(複数選択可)
Ctrl + V アクションを貼り付け
Ctrl + D アクションを複製(複数選択可)
Ctrl + Z 戻す
Ctrl + Y 戻す取り消し
Ctrl + H 置換
Delete アクションを削除(複数選択可)
F12 アクションリスト内で選択中のマクロの定義を表示

マクロを作成する
フローティングボタンから作成する
マクロ一覧の右下にあるフローティングボタンをクリックします。
2

作成するマクロの名前を入力して決定ボタンをクリックします。
※マクロの名前にアンダーバー以外の記号は使えません。
4

メニューから作成する
マクロ一覧を右クリックして「新しくマクロを作る」を選択するとマクロが作成されます。
作成されたマクロをダブルクリックすることでマクロの名前を編集することができます。
3

マクロにアクションを追加する
アクションリストを右クリックすることでメニューが表示されます。
表示されたメニューからアクションを追加することが出来ます。
5

アクションの選択画面については以下の記事に書いてあります。
マクロに引数を設定する
引数はマクロを割り当てる際に値を受け付けられるようにする機能です。
受け付けた値はマクロの実行時に引数(ローカル変数)へと代入されます。
また、引数(ローカル変数)をアクションに渡すことでマクロを汎用化させることができます。

引数の設定を行うときは、どのアクションの、どの値を汎用化するのかを決め、またその値の種類を確認してください 例えば、「キーを押して離す」の「キー」を汎用化する場合は、値の種類が「キー/マウス」です。
7

値の種類が「キー/マウス」の引数をマクロに追加し(現在のバージョンでは表記が「キー」になっています)「キーを押して離す」の「キー」に引数(ローカル変数)を渡します。
6

するとマクロを割り当てる際に値を受け付けられるようになり、受け付けられた値はマクロ実行時に引数(ローカル変数)へと代入されます。

15

アクションの有効/無効
選択したアクション(複数可)を有効/無効にすることが出来ます。
マクロの読み込み時に無効状態のアクションは除外されます。
31

マクロのオプション
30

「マクロの割り当てを禁止/解禁」
マクロを割り当てられないようにします。マクロをアクションとして使用することは可能です。

「外部マクロとしての使用を禁止/解禁」
外部マクロとして使用される際に一覧に表示されなくなります。また、マクロを割り当てることもアクションとして使用することもできなくなります。
なお、これらは編集ウィンドウ上でしか機能せず、(メインウィンドウでの)設定の読み込みを禁止する機能ではありません。
作成したマクロを使用するには