※ KeyToKeyではアクションマクロではなくC#スクリプト(マクロ)を推奨しています。