マクロの作成~割り当てまで
編集ウィンドウを開きます。
1



マクロの設定画面を開きます。
1


左にあるファイルツリーから「設定ファイル名(現在選択中)」の項目を見つけ、右クリックします。
メニューが表示されるので「新しいスクリプト」をクリックします。
ファイルの名前は適当に設定してください(Enterで入力確定します
2


下記コードはABCを入力するだけのスクリプトです。
新しく追加された項目をクリックしコードエディタにコードを貼り付けます。
貼り付けたらCtrl + Sで保存してください。


「割り当て設定(キー/マウス)」を開きます。
3


マクロのトリガーとなるキーのボタンをクリックして「マクロ割り当て(押したら)」を選択します。
4


マクロの選択画面が表示されます。左側には先程作成したスクリプトのファイルが表示されるのでクリックします。
事前にコンパイルを~」は「False」を「True」に設定するとトリガーを押してから実行までの速度が早くなります。
今は「False」に設定して右上のチェックマークのボタンをクリックします。
6


マクロ割り当てのメニューが表示されますが閉じてください。
左側のアイコンボタンから設定ファイルの保存を行います。
6

以上が「マクロの作成から割り当てまで」の大まかな手順です。
トリガーを押せばABCと入力するはずです。
ヘルプ
スクリプトエディタの上にあるヘルプではUIの設定解説やスクリプトコードのサンプル、UI上でコードを生成する機能があります。
no title