目次

  1. 概要
  2. 画像認識の設定を作成する
  3. C#スクリプトで画像認識を実行する処理を作成する
  4. アクションで画像認識を実行する処理を作成する
概要
この記事ではマクロで画像認識を実行するのに必要な設定について書いていきます。
画像認識はテンプレート画像に類似する画像が指定した座標と範囲にあるかどうか探します。
類似するかどうかは画像認識の結果(スコア)をみて指定したスコア以上かどうかで判断します。

画像認識のおおまかな流れ
  1. 画像認識の設定を作成する
  2. テンプレート画像/画像を探す範囲/スコア/設定の識別キーを設定する
  3. 識別キーを元にマクロ内で画像認識を実行する
※画像認識はフルスクリーンモードでは正常に動作しません。
ウィンドウモード・ボーダレスモード(仮想フルスクリーン)で使用してください。


ほとんど解説はしていませんが動画もあります。視聴の際は字幕をONにしてください。
画像認識の設定を作成する
ホーム、もしくは左側のアイコンから「画像認識/設定」を開きます。
1


右クリックでメニューを開き、「新規追加」をクリックし、追加された項目をクリックします。
2


「画像を選択してください」から画像認識に使うテンプレート画像を選択します。
もしくは、カメラアイコンからテンプレート画像を撮影することも可能です。
3


座標と範囲を選択する」からをクリックします。
4


画像認識を行う座標と範囲を指定します。
範囲は広ければ広いほど画像認識処理に時間がかかるので画像の出現する場所がわかっているのであればテンプレート画像の一回り大きい程度にしておくことをおすすめします。
座標と範囲が決まれば、Enterを押します。
5

次は「スコア」を設定します。
スコアとは画像認識の結果(スコア)がどの程度のどれくらいのスコアになれば類似画像として認識するのかを決める基準値のことです。
あらかじめスコアを決めておく必要があるので、「テストを実行」から画像認識のテストを行いスコアを確認します。
6


画像認識のテストに使用する画像を記録するためのウィンドウが開きますので、記録の準備ができましたら「記録を開始」もしくは、ショートカットキー「Pause」を押して記録を開始します。
記録が終了しましたら「記録を停止」もしくは、ショートカットキー「Pause」を押して記録を終了します。
7

記録が終了しますとテスト用のウィンドウが表示されます。
ウィンドウの内容をざっくり説明しますと以下のとおりです。
記録した画像が表示されます。
スライダーやボタンで記録した画像を変更することができます。
画像認識の設定/実行を行うことができます。
画像認識の実行後、スコアが表示されます。
8

とりあえず、画像認識を実行してみてください。
9

テンプレート画像が見つかれば、結果(スコア)が右下に表示されます。
10


表示されたスコアを見て目的の画像だけが認識されるように設定のスコアを調整します。
スコアは0.0~1.0の範囲で1.0に近いほどテンプレート画像との類似性が高いことを示します。
画像のように「0.9」と設定した場合は「0.9以上」だった場合に類似画像としてみなされます。
もしテンプレート画像と違うものが認識された場合はスコアを調整した後に再度実行してみてください。
なお、検出方法によって設定するスコアが変わりますのでご注意ください(詳しくはスコアの横にあるアイコンから)
※テストウィンドウでの設定は画像認識の設定へ反映されます。
11


スコアの設定が終わりましたら、テストウィンドウを閉じて「識別キー」を設定します。
識別キーは画像認識の設定項目を識別するための文字でマクロで使用されます。
テンプレート画像を選択するとテンプレート画像のファイル名が識別キーになるので必要ない限りは変更しなくてもいいでしょう。
12

設定は以上になります。
C#スクリプトで画像認識を実行する処理を作成する
ここではC#スクリプト(マクロ)についての解説はしません。
スクリプトの作成~実行までのやり方がわからない方は以下のクイックガイドを見てください。


画像認識の設定をUI上で行ったため非常に短いコードで画像認識の処理が記述できます。 Match」メソッドを使用することで画像認識を実行することが出来ます。
画像が見つかった場合は「true」を返し、見つからなかった場合は「false」を返します。

第一引数には「識別キー」を設定します。
上記のコードでは「"ここに識別キーを入れてください"」となっていますが、ここは自分の設定した識別キーに置き換えてください。

第二引数には画像認識の結果が入ります。
結果には画像の見つかった位置やスコアが格納されます。
上記のコードでは画像の見つかった位置にマウスカーソルを移動させています。
アクションマクロで画像認識を実行する処理を作成する
アクションリストで右クリック「テンプレートを追加する」>「画像認識:一つだけ探す」>「末尾に追加」をクリックすると画像認識のテンプレートが作成されます。
7