質問・要望・不具合報告はこちらへお願いします。
KeyToKeyに関する質問や要望であれば、どんな些細なことでもお気軽にどうぞ。
返信はすべて最新バージョンの内容で書くので古いバージョンをご使用の方は事前にアップデートを行ってください。
※ 要望を出したからといって必ずしもそれが反映されるわけではありません。技術や知識的に無理なこともあるのでご理解ください。
コメントするにあたってのお願い
曖昧であったり投げやりな質問や要望はおやめください。
自分のやりたいことや現在の状況(例えばマクロの設定や割り当ての状況)など、質問/要望に関する情報を詳細に記載してください。

不具合の報告をする際は可能な限りで構いませんので使用してるバージョン、発生した状況や設定について詳細に報告していただけると助かります。
バージョンはKeyToKeyフォルダ内の「version.txt」に記載しています。もしくは編集ウィンドウ左側にある三本線のアイコンでメニューを開きヘッダー部分からでも確認することができます。
よくある質問
Q.他のアプリの入力で各種割り当て(マクロ等)を実行したい
通常他のアプリのキー入力によって各種割り当てを実行することはできませんが入力イベントのロックを解除することによって実行できるようにすることができます
詳しくはアプリからのキー入力による「各種割り当て」の実行を防止するを参照してください。

Q.特定のゲームにおいてマクロやキー入力が正常に動かない(他のアプリでは動く)
考えられること:
アプリで実行が許可されていない
環境設定からアプリの実行が許可されているか確認してください

ゲームのセキュリティがキーの入力をブロックしている
この場合、申し訳ないですが対処方法はありません

KeyToKeyが行うキーの入力監視自体をブロックしている
環境設定からフックを無効にしたら実行できる可能性があります。

ここのコメント欄にゲームで動かない、実行できない等のコメントを書かれても殆どの場合何も出来ません。
特にオンラインゲームやソーシャルゲーム等はセキュリティプログラムの関係でキー入力のシミュレーションやキーボード/マウスフックなどの処理がブロックされることが多いです。
そういった場合は諦めてもらうしかありません。
今後の旧マクロのサポートについて
バージョン200824よりC#スクリプトをマクロとして扱えるような機能を実装しました。
これにより今まで以上に複雑なマクロを作成することが可能となりました。
今後はC#スクリプトを使用したマクロをメインにサポート(新しい機能の実装、使用方法の記述)していきたいと考えています。
旧マクロ自体は廃止したりせず今まで通り使用可能ですが、サポートは控えめになっていくかと思います。
寄付のお願い
KeyToKeyが便利だと思った方や開発者を支援したいと思っている方は以下のボタンから寄付が出来ます。
開発へのモチベーションアップに繋がりますので是非よろしくおねがいします。
連絡先
■メールアドレス
dev.key2key@gmail.com