KeyToKeyとは
KeyToKeyではキーボード/マウス/コントローラーを使用して様々な機能を実行できるユーティリティツールです。
ゲームで使うことを目的として開発しましたが作業の効率化等にも使用可能です!
※一部アプリでは正常に動作しないことがあります(特にゲーム)
何ができる?
キーの割り当て(複数割り当て、連射、押しっぱなしが可能)
C#スクリプト(マクロ)の割り当て
指定した時間にマクロを実行
円形メニューからマクロを実行
マクロを使って画像認識
マクロを使って仮想コントローラーの操作
コントローラーの入力を仮想コントローラーにマッピング

など他にも色々と出来ます。
動作環境
動作確認済みOS:Windows10 64bit
必要なソフトウェア:.Net Framework4.8 以上
管理者権限が必要です。
ダウンロード


Latest release」の「KeyToKey.xxxx.zip」を左クリックするか、右クリックから「名前を付けて保存」でダウンロードが出来ます。
1


ダウンロードしたファイルを展開する前に
ダウンロードしたKeyToKeyやプラグインファイルを展開する前に、ファイルのプロパティからセキュリティに許可をするように設定してください。
check

ウイルスとして検知された場合
お使いのアンチウイルスソフトでKeyToKeyをホワイトリストに追加してください。
「Microsoft Defender」の場合は「Windows セキュリティの設定」を開き、検知されたウイルスを「デバイスで許可」に設定し、「操作の開始」を行ってください。
defender
新しいバージョンに移動させるファイル/フォルダ
ファイル名 種類 概要
*.mcr ファイル 個別の設定ファイル
Controllers フォルダ コントローラーの設定ファイルが保存されています。
Scripts フォルダ C#スクリプト(マクロ)が保存されています。
ApplicationConfig.conf ファイル KeyToKey全体で共有する設定ファイル
ScriptConfig.json ファイル C#スクリプトの設定ファイル

更新履歴
https://x0oey6b8.github.io/KeyToKey-Web/update