前置き

KeyToKeyでC#スクリプトを実行できるようにしました。
C#スクリプトはKeyToKeyの基本的機能(キーを押したり、マウスを移動させたり、その他色々)を呼び出せるようにしてあります。
C#スクリプトを使えば、KeyToKeyのアクションだけではできない複雑な処理もできるようになります。

なお、C#の言語バージョンは「7.3」で、スクリプトファイルの拡張子は「.csx」です。

スクリプトエディタ

KeyToKey専用のスクリプトエディタを用意しました。
エディタは以下の場所にあります。

KeyToKey\KeyToKey.ScriptEditor\KeyToKey.ScriptEditor.exe

このエディタはインテリセンスのようなオートコンプリート機能であったり、コードスニペット等が使用できます。

09f3a7835

Hello World!

通常のC#と違ってクラスやメソッドを記述せずに処理を書くことができます。
そのため、C#スクリプトでのHello Worldは1行書けば表示させられます。
また、C#スクリプトでは以下のusingディレクティブの記述を省略できます。

これらはKeyToKeyフォルダにある「ScriptConfig.json」に定義されているので、必要であれば自分で付け足すことも可能です。


記述順序

クラスやメソッドは記述が前後しても呼び出し可能です。
結果:
A Method
B Method


参照と外部スクリプト

C#スクリプトはアセンブリの参照や他のスクリプトとの連携が可能です。
参照を追加するには「#r」ディレクティブを使用します。
他のスクリプトファイルをロードするには「#load」ディレクティブを使用します。