目次

  1. 概要
  2. ショートカットの種類
  3. 設定を開く
  4. 設定をする
  5. 必須の設定
概要
KeyToKeyの機能を実行するためのショートカットの設定を書いてきます。
ショートカットにある「KeyToKeyを有効、無効を切り替えます」は必ず設定しておいてください。
ショートカットの種類
ショートカットには2種類の設定欄があります。
一つは、「アプリケーションの設定」にある「グローバルショートカット
もう一つは、「環境設定」にあるショートカットです。

アプリケーションの設定」のグローバルショートカットはアプリケーション(KeyToKey)全体のショートカットを設定することができます。
対して「環境設定」のショートカットは設定ファイル毎に設定することが可能で、グローバルショートカットを上書きするような形で設定することができます。

基本的にはグローバルショートカットを設定しつつ、グローバルショートカットが邪魔になるようであれば環境設定のショートカットを設定するような形にするといいでしょう。

どちらも設定方法の違いはありません。
この記事ではグローバルショートカットを使用して設定方法を書いていこうと思います。

設定を開く
アプリケーションの設定」では「グローバルショートカット」カテゴリーに設定があります。
環境設定」では「ショートカットの設定」カテゴリーに設定があります。
no title
設定をする
ショートカットの各項目をクリックすると入力の設定画面が表示されます。
1

キーボード/マウス/コントローラーを入力します。
入力が終わったら右上のチェックマークボタンをおして完了します。

2
必須の設定
概要でも書きましたが、ショートカットにある「KeyToKeyを有効、無効を切り替えます」は必ず設定しておいてください。
また、設定した入力は忘れないようにしてください。
KeyToKeyを無効状態にすることによって、ほとんどの処理を停止させることができる重要なショートカットです。