マウスカーソルの移動先にランダム性を与えるにはマウスアクションの座標に
移動先の横の座標 + ランダムな値
移動先の縦の座標 + ランダムな値

を指定します。

ランダムな値を生成するには「Random」メソッドを使用します。
0bf1cc0b8


設定例

例えば、横が200で縦が100の座標を中心に範囲50のランダム性を与えるには
横:200 + Random(ToMinus(50), 50)
縦:100 + Random(ToMinus(50), 50)
と指定します。
※ ちなみに、マイナス数値を使用する場合はToMinus(値)と指定する必要があります。
※ マウスカーソルの座標は右と下に行くにつれ大きくなり、左と上に行くに連れ小さくなります。
mouse_point



アクション割り当て」を使用して設定を順に説明していきます。
  1. 適当なキーのボタンをクリックして「アクションを割り当てる」を選択します。
    074b6ebef

  2. 左側のリストから「マウスカーソルを移動」を選択します。
    036b2cf0a

  3. メソッド作成ウィンドウを表示します。
    053ccf295

  4. メソッド作成ウィンドウで左側のリストから「ToMinus」メソッドを選択します。
    08b11dff2

  5. 値入力欄に「50」を入力してチェックボタンを押します。
    09c94f773

  6. チェックボタンを押すとクリップボードに「ToMinus(50)」がコピーされるので、続いて左側のリストから「Random」を選択します。
    09da89e09

  7. 最小値の入力欄に先程コピーされた「ToMinus(50)」を貼り付け、最大値の入力欄に「50」を入力してチェックボタンを押します。
    0c3d6e56a

  8. アクション選択画面に戻り、各座標に「目的の座標 + Randomメソッド」を指定してチェックボタンを押します。
    0a1e6b93b

  9. これで完成です。

この例では「マウスカーソルを移動」を使用しましたが、他のアクションにも応用できるので是非試してみてください。