データの種類について

KeyToKeyのアクションやマクロの引数で使用されているデータの種類の一覧です。
名前 説明
Int(整数) 整数、使用できる数値:
-2,147,483,648 ~ 2,147,483,647
String(文字列) 文字列
Bool(真理値) TrueとFalse
KeyToKeyでは以下の意味として利用されています。
True:真、ON、正しい
False:偽、OFF、正しくない
Keys(キー) キーの名前 一覧は こちらのサイトを参照するか、 実際にキーを押してKeyToKeyで確認してください。
MouseButton(マウスのボタン)
説明
Left マウスの左ボタン
Right マウスの右ボタン
Middle マウスの中央ボタン
XButton1 マウスのサイドボタン1
XButton2 マウスのサイドボタン2


値の指定方法について

値の指定方法は以下の通りです。
※入力する文字は記号を含め、すべて半角で入力してください(例外あり)。

データの型 ルール
Int型 120 
※負の数値を式に使う場合はかっこ「ToMinus(正の数値)」と入力してください。
※例「ToMinus(120)」                     
String型 「""」で文字を囲む必要があります。 "テキスト" 
「””」を入力するには、Shiftキーを押しながら2キーを押してください。「""」内であれば、日本語や全角文字の使用が可能です。
Bool型 True もしくは False True
False
MouseButton型
Keys型
型の名前.値 と書く必要があります。 Keys.A
MouseButton.Left
05be7d2c


変数名やリスト名について

変数名やリスト名は以下のルールに従って命名してください。
  • 変数名は自分の好きなように命名してください。
  • 英数字、日本語も使用可能です。
  • 名前の先頭には必ず半角 "$"(ダラー)を入れてください
  • 記号は"_"(アンダースコア)のみ使用できます。
05be7d2d


変数について

変数とはざっくり言うと、 "値を保持するための名前のついた箱"です。
アクションに渡す値の代わりに変数を渡したりすることが出来ます。 

変数の種類については以下の通りです。
種類 説明
ローカル変数 マクロ内でのみ使用できる変数です。
ローカル変数はマクロの設定および、アクションから作成することが出来ます。
グローバル変数 すべてのマクロで共有する変数です。
グローバル変数は編集ウィンドウの「グローバル変数の初期化」から作成することができます。

※同じ名前のローカル変数とグローバル変数を同時に扱うことはできません。同じ名前が存在する場合はローカル変数が優先されます。
06a8c2b4

リストの要素を取得するには

$リスト名[番号]でリストの要素を取得することができます。
[]内で他のリストを使用することは出来ません。
※例、$リスト[$リスト2[0]] など


計算式について

計算式に使える組み合わせは以下の通りです。
演算子 計算結果 補足
+ 整数 + 整数
文字列 + 任意
Int(整数)

String(文字列)

足し算、文字列の結合
どちらかが文字列だとどの型と計算しても文字列を返します。
Int(整数) 整数 – 整数 引き算
* 整数 * 整数 Int(整数) 掛け算
/ 整数 / 整数 Int(整数) 割り算
% 整数 % 整数 Int(整数) 「%」演算子は余りを求める演算子です。
< 整数 < 整数 Bool(真理値) 左の値は右の値より小さい か?
> 整数 > 整数 Bool(真理値) 左の値は右の値より大きいか?
<= 整数 <= 整数 Bool(真理値) 左の値は右の値以下か?
>= 整数 >= 整数 Bool(真理値) 左の値は右の値以上か?
== 任意 == 任意 Bool(真理値) 左右の値は同じ値か?
基本的には同じ型どうしでしか使えませんが、
どちらかの値が文字列 であればどんな型との比較も可能です
!= 任意 != 任意 Bool(真理値) 左右の値は違う値か?
基本的には同じ型どうしでしか使えませんが、
どちらかの値が文字列 であればどんな型との比較も可能です
&& 真理値 &&真理値 Bool(真理値) 左右の値がTrueか?
|| 真理値 && 真理値 Bool(真理値) 左右のどちらか一方がTrueか?
() かっこをつけると最優先で計算されます。


条件式について

条件式はかならず計算結果がBool(真理値)を返す式でなければなりません。


条件式の使用例

変数Aが◯◯だったら
■ $A == 〇〇
■ $A == 10
■ $A == “文字列”
■ $A == True


変数Aが〇〇じゃなかったら
■ $A != 〇〇
■ $A != 10
■ $A != “文字列”
■ $A != True


変数Aが10より大きいくて、30より小さい場合
■ $A > 10 && $A < 30
$A > 10 (変数Aが10より大きい)
&& (かつ)
$A < 30 (変数Aが30より小さい)


変数Aが10もしくは、変数Aが20だったら
■ $A == 10 || $A == 20
$A == 10 (変数Aが10)
|| (もしくは)
$A == 20 (変数Aが20)


変数Aが偶数だったら
■ ($A % 2) == 0
%演算子は余りを求める演算子です。
つまり、$Aを2で割ったときの余りが0だったらという条件式になります。


メソッド

メソッドはメソッドの名前、引数に応じた値を取得することができます。
メソッドは値の代わりに指定したり、計算式や条件式の中に埋め込むことが可能です。

書き方
メソッド名(引数1, 引数2, 引数3)

引数にはそれぞれアクションと同じように、渡す値の型が決まっています。
引数が複数ある場合は、「,」で区切ってください。
0f4b6770
0cb52172

アクション・マクロ選択画面の右上にあるアイコンをクリックすることでメソッドの生成ウィンドウを表示することが出来ます。
method
058b6910



フォーマットについて

アクションの「文字表示<改行なし>」や「文字表示<改行あり>」の「フォーマット」にはコンソールに表示させる文字列を指定します。
文字列の中に{値の番号}と指定することで、値を文字列の中に埋め込むことが出来ます。

以下の画像のように設定すると、表示される文字は「Hello : World」になります。
0b59a0d8