動作環境
  • 動作確認済みOS:Windows10 64bit
  • 必要なソフトウェア: .Net Framework 4.6.2
  • 管理者として実行する必要があります。

ダウンロード

KeyToKeyの最新版(KeyToKey.19.10.22.zip
KeyTokeyの最新版ミラー(KeyToKey.19.10.22.zip)
KeyTokeyの最新版ミラー(ベクターからダウンロードする
KeyToKeyバージョン一覧 (KeyToKey - OneDrive)

ダウンロードしたファイルを展開する前に
ダウンロードしたKeyToKeyやプラグインファイルを展開する前に、ファイルのプロパティからセキュリティに許可をするように設定してください。

check

過去バージョンから新しいバージョンに移動させるファイル/フォルダ
ファイル名 種類 概要
*.mcr ファイル 個別の設定ファイル
Controllers フォルダ コントローラーの設定ファイルが保存されています。
ApplicationConfig.conf ファイル KeyToKey全体で共有する設定ファイル
*.csx ファイル C#スクリプト
ScriptConfig.json ファイル C#スクリプトの設定ファイル

プラグイン
ファイル 対応バージョン 説明
棒読みちゃんプラグイン 19.09.07 棒読みちゃんでテキストをリモート再生させます。

プラグイン(*.dll)は 「Plugins」フォルダに入れることで使用することができます。
KeyToKeyを再起動する必要があります。

更新履歴
過去の更新履歴
19.10.22 ver 
  1. KeyToKey-Console.exeを廃止しました。
  2. ログウィンドウをコマンドプロンプトに変更しました。
  3. KeyToKeyの起動速度を向上させました。
  4. 編集ウィンドウの起動速度を向上させました。
  5. アクション/マクロ選択画面の初回以降の表示速度を向上させました。
  6. 同時押しの設定を削除した際に外部ファイルの割り当てが解除されない問題を修正しました。
  7. アプリケーションの設定画面を新しくしました。
  8. 変数一覧ウィンドウを新しくしました
  9. 仮想コントローラーのvJoyとvXboxとの連携をできるようにしました。
  10. アプリケーションの設定で「vXbox」のインストール/アンインストールと仮想デバイスの有効/無効の切り替えをできるようにしました。
  11. vJoyデバイスを検出できるようにしました。
  12. 割り当て設定(コントローラー)のオプションに以下の項目を追加しました。
  13. ・「コントローラーの入力を仮想のXInputコントローラーにマッピングする」
  14. ・「コントローラーの入力を仮想のDirectInputコントローラーにマッピングする」
  15. ・「「XInput Device 1」にマッピングする」
  16. ・「「XInput Device 2」にマッピングする」
  17. ・「「XInput Device 3」にマッピングする」
  18. コントローラーのデバイスリストを更新できるボタンを配置しました。
  19. 「キー割り当て」の「割り当てるキー」においてキーの押す/離すを細かく指定できるようにしました。
  20. C#スクリプトでプラグインを作成できるようにしました。
  21. アプリケーションの設定に「プラグインの許可」を追加しました(プラグインは許可をしないとロードしないようにしました)
  22. 環境設定のオプションに「選択中の設定ファイルと関連する設定ファイルを信頼してC#スクリプトを使用できるようにする」を追加しました(C#スクリプトはこのオプションを有効にしない限り使用できないようにしました)。
  23. 入力履歴ウィンドウでコントローラーの入力を表示できるようにしました。
  24. アクションリストの一部テンプレートに「選択行が入れ子になるように追加する」を追加しました。
  25. 「C#スクリプトを実行」にアクション実行前にコンパイルを行える設定を追加しました。
  26. スクリプトエディタにKeyToKeyを使ってビルドテストできる機能を追加しました。
  27. 新しいアクション
    「XInput.マッピングの一時停止」
    「XInput.マッピングの再開」
    「XInput.設定<スティック>」
    「XInput.設定<トリガー>」
    「XInput.押す」
    「XInput.離す」
    「XInput.押して離す」
    「XInput.リセット」
    「DirectInput.マッピングの一時停止」
    「DirectInput.マッピングの再開」
    「DirectInput.押す」
    「DirectInput.離す」
    「DirectInput.押して離す」
    「DirectInput.スティック」


19.09.07 ver
 

  1. KeyToKeyを無効から有効にした後に、待機系処理が正常に動かない問題を修正しました

19.09.01 ver 
  1. アクション選択画面の検索ボックスで日本語を入力すると重くなる問題を修正しました。
  2. 「GetClientX」メソッドを使用した際にマクロが進まなくなる問題を修正しました。
  3. ログウィンドウを表示するときに大量のログが存在するとフリーズする問題を修正しました。
  4. Windows10(1903)においてウィンドウの移動とリサイズの描画処理が正常に行われていない問題を修正しました。
  5. 同時押しの設定(~が押された時)を割り当て設定(キーボード/マウス)と割り当て設定(コントローラー)とで共有するようにしました。
  6. いくつかの設定の名称を変更しました。
  7. 割り当て設定(タイマー)を追加しました。
  8. アプリケーションの設定に高DPI用処理を有効/無効の設定を追加しました(デフォルトで無効に)。
  9. チュートリアルウィンドウを追加しました。
  10. XBOX360(DirectInput系)のトリガーに対応しました。
  11. 割り当て設定(コントローラー)の設定画面を一部新しくしました。
  12. コントローラーのセットアップ機能を追加しました。
  13. コントローラーを使用したハイライト表示機能において設定中のデッドゾーンを反映するようにしました。
  14. カーソル移動の遅延時間をファイル毎に設定できるようにしました。
  15. カーソル割り当てのオプション「トラッキングモード」と関連する複数の設定を追加しました。
  16. カーソル割り当てのオプション「キーを押す」と関連する設定を追加しました。
  17. アクションリストのテンプレートに「並列実行」を追加しました。
  18. 「マクロ割り当て」「割り当て設定(画像認識)」においてマクロの表示上の名前を変更できるようにしました。
  19. メインウィンドウのメニューに「ウィンドウを最前面に表示する」を追加しました。
  20. メインウィンドウのメニューに「選択中のファイルの名前を変更する」を追加しました。
  21. メインウィンドウのメニューに「選択中のファイルを削除する」を追加しました。
  22. プロセスの優先度が「リアルタイム」になるようにしました。
  23. 以下の箇所においてキーボード/マウス/コントローラーを同時に指定できるようにしました。
    ・割り当て設定(キーボード/マウス)の同時押しの設定(~が押されている時)
    ・割り当て設定(コントローラー)の同時押しの設定(~が押されている時)
    ・環境設定のホットキー(ショートカット)
  24. [新しいアクション]
    「タイマーの設定を変更」
    「並列実行<開始>」
    「並列実行<終了>」
    「テンプレートマッチング:範囲<同期>」
    「テンプレートマッチング:<画像保存>」
  25. [新しいメソッド]
    「ConditionalWait」
    「WaitKey1」
    「WaitKey2」
    「WaitController1」
    「WaitController2」
    「TimerAssign.GetState」

19.07.14 ver 
  1. テンキーに関する不具合を修正しました。

19.07.13 ver 
  1. キー割り当ておよびアクションの「割り当ての実行を防ぐ」機能の変更を行いました。
  2. ホットキーを使用した際に強制終了する問題を修正しました。
  3. キー割り当ての連射を無効にした際にトグルモードも無効になる問題を修正しました。
  4. 高DPI環境の画像処理において位置やサイズにズレが生じる問題を修正しました。
  5. ShiftKeyを押しながら矢印キーを押すと、ShiftKeyが一度離される問題を修正しました。
  6. 割り当てメニューに「マクロ割り当て」を「マクロ割り当て(押したら)」に変更しました。
  7. キーの入力情報をコンソールに表示する設定の切り替えを行うホットキーを追加しました。
  8. 割り当てメニューに「マクロ割り当て(離したら)」を追加しました。
  9. 割り当てメニューに「マクロ割り当て(短く押したら)」を追加しました。
  10. 割り当てメニューに「マクロ割り当て(長く押したら)」を追加しました。
  11. 割り当てメニューに「マクロ割り当て(ダブルクリックしたら)」を追加しました。
  12. 割り当てメニューに「マクロ割り当て(長押ししたとき、ダブルクリックしたとき)」を追加しました。
  13. 新しいアクション
    「テキストボックス表示」
    「イベントロック」

19.06.24 ver 
  1. C#スクリプトを実装しました。
  2. 「キー割り当て」で一度に複数のキー・ボタンを割り当てられるようにしました。
  3. 「キー割り当て」で連射設定でなくても「トグルモード」を使用できるようにしました。
  4. 「キー割り当て」でホイールを割り当てられるようにしました。
  5. 「キー割り当て」にホイール用の設定を追加しました。
  6. 「キー割り当て」、「アクション割り当て」、「マクロ割り当て」にコメント設定を追加しました。
  7. 割り当てメニューに「マクロを割り当てる(押したとき、離したとき)」を追加しました。
  8. 割り当てメニューに「マクロを割り当てる(短く押したとき、長く押したとき)」を追加しました。
  9. ステートメント系アクションに日本語名を設定しました。
  10. ループ<回数>(@EasyFor)の「ループ回数」に変数を指定できるようにしました。
  11. アクションリストに画像認識用のテンプレートを追加しました。
  12. アクションリストに「選択中のアクションを複製する」を追加しました。
  13. 引数入力欄のメニューに「マクロの引数」「ローカル変数」「グローバル変数」を表示するようにしました。
  14. メインウィンドウの「ツール」>「キーステータス」に「入力履歴」を追加しました。
  15. メインウィンドウの「ツール」>「キー入力の記録」に「キー入力の記録(ファイル)」を追加しました。
  16. 「メッセージボックスを表示」「MesssageBox.Show」においてダイアログを閉じた後にウィンドウを元に戻すかどうかの設定を追加しました。
  17. 変数名を指定する項目において変数を直接指定できるようにしました。
  18. アプリケーションの設定に「カテゴリーの並び順」を追加しました。
  19. テンプレート画像の読み込みが失敗する問題を修正しました。
  20. 割り当て設定(キーアップ)を廃止しました。
  21. アクションの「WriteLine」を廃止しました。
  22. UIの調整を行いました。
  23. 一部設定の名称を変更しました。
  24. 「TemplateMathing.TryMatch」を「TemplateMathing.TrySingle」に変更しました。
  25. 外部ファイルの設定を「マクロ作成・設定」から「環境設定」へ移動させました。
  26. アクション・マクロ割り当ての途中停止設定をデフォルトで無効にしました。
  27. 新しいアクション
    「C#スクリプトを実行」
    「@@」
    「マクロを強制終了」
    「入力再生」
    「テンプレートマッチング<結果取得>」
    「テンプレートマッチング:フィルター<距離>」
    「テンプレートマッチング:フィルター<範囲>」
    「キーボードフックを使用する」
    「マウスフックを使用する」
    「再フック」
    「待機<キー入力1>」
    「待機<キー入力2>」
    「待機<コントローラー入力1>」
    「待機<コントローラー入力2>」
  28. 新しいメソッド
    「TemplateMatching.TryMultiple」
    「TemplateMatching.GetResultCount」
    「CSharpScript.Evaluate」
19.03.18 ver 
  1. テンプレートマッチング用アクションの不具合を修正しました。
  2. 変数一覧における不具合を修正しました。
  3. ウィンドウのサイズを取得するメソッドの不具合を修正しました。
  4. プロセスを指定するメソッドにおいてアクティブウィンドウを指定できるようにしました。
  5. 新しいアクション
    「画像を保存」
    「画像を保存<ウィンドウ>」

19.03.16 ver 
  1. アプリケーションの設定に「アプリによる設定ファイルの切り替え」を追加しました。
  2. 画像認識テストのスコアの表示位置を変更しました。
  3. 新しいアクション
    「テンプレートマッチング<範囲選択>」
    「テンプレートマッチング<範囲指定>」
    「テキストの書き込み<改行あり>」
    「テキストの書き込み<改行なし>」
  4. 新しいメソッド
    「Window.GetActiveProcessName」
    「File.Exists」


19.03.07 ver 
  1. 「マウスフックを使用する」を有効にするとアプリが終了しなくなる問題を修正しました。
  2. 「マクロ割り当て」「アクション割り当て」で実行キーのキーアップをキャンセルしない問題を修正しました。
  3. 「マクロ割り当て」で複数の設定が使用できなくなっている問題を修正しました。
  4. 割り当ての設定を複製できるようにしました。
  5. 割り当てをコピー・貼り付けをできるようにしました。
  6. アクションリストの「テンプレート」や「貼り付け」で挿入位置を指定できるようにしました。
  7. 「割り当て設定(画像認識)」の設定に「画像を選択したときにサイズを変更しない」を追加しました。


19.03.01 ver 
  1. マウスホイールの割り当てで「連射」を有効にするとアクションが止まらない不具合を修正しました。
  2. 設定ファイルの読み込み速度を改善しました。
  3. CapsLockキー、テンキーのEnterキー、PrintScreenキー、KanaHiraキーを使用できるようにしました。
  4. 文字列内で特殊な文字「\r」「\n」「\t」「\"」を使用できるようにしました。
  5. 「キー入力の記録」の設定変更・追加を行いました。
  6. メソッドの作成ウィンドウを多重表示できるようにしました。
  7. アプリケーションの設定の割り当て設定(コントローラー)に「古い設定画面を使用する」を追加しました。
  8. KeyToKeyにアイコンを設定しました。


19.02.14 ver 
  1. 軽微な不具合を修正しました。
  2. いくつかの機能の改善を行いました。
  3. アクション名のデフォルト表記を日本語にしました。
  4. コントローラーの設定ウィンドウを割り当て設定(コントローラー)に統合しました。
  5. 「カーソル割り当て」で変数・式・メソッドを使用できるようにしました。
  6. 拡張ボタンの名前を変更できるようにしました。
  7. アプリケーションの設定に「キーの入力情報をコンソールに表示する」を追加しました。
  8. 引数をローカル変数として扱うようにしました。
  9. マウスホイールにアクション・マクロを割り当てられるようにしました。
  10. 新しいアクションを追加しました。
    「WaitSeconds(待機<秒>)」
    「WaitMinutes(待機<分>)」
    「WaitHours(待機<時>)」


19.01.20 ver 
  1. いくつかの不具合を修正しました。
  2. アプリケーションの設定に「アクションを日本語で表示する」を追加しました。
  3. リスト機能を追加しました。
  4. 特定のテキストボックスにおいてShift+Enterで改行できるようにしました。
  5. いくつかのアクション名とメソッド名を変更しました。
  6. マクロ割り当てに「ダブルクリック時に実行するマクロ」と「長押し時に実行するマクロ」を追加しました。
  7. マクロ割り当てに「実行中のマクロの名前を表示しない」を追加しました。
  8. 新しいアクションを追加しました。
    「List.Create」
    「List.CreateRange」
    「List.CreateRepeat」
    「List.Sort」
    「List.Add」
    「List.AddRange」
    「List.UpdateElement」
    「List.RemoveElement」
    「List.Split」
    「List.Clear」
    「Variable.AdditionalAssignment」
    「Variable.SubtractionAssignment」
    「Variable.MultiplicationAssignment」
    「Variable.DivisionAssignment」
    「Variable.Initialize」
  9. 新しく追加したメソッド
    「_sc」
    「Input.GetKeyHistoryAt」
    「List.Length」
    「String.JoinList」
    「String.Replace」
    「Clipboard.GetText()」
    「Regex.Replace」
    「Regex.IsMatch」
    「Increment」
    「Decrement」


19.01.07 ver 
  1. キー入力記録の「アクションをコピーする(リスト全体)」が機能しない問題を修正しました。
  2. テンプレート追加時に「戻る」が機能しない問題を修正しました。
  3. アクションリストの上に「キー/マウス入力の記録」ウィンドウを開くボタンを設置しました。
  4. アプリケーションの設定に「保存を行う際の確認をスキップする」を追加しました。
  5. 新しいアクション:
    「Color.Pick」
  6. 新しいメソッド
    「String.Join」
    「String.IndexOf」
    「String.LastIndexOf」
    「String.Substring」
    「String.Insert」
    「String.Remove」
    「String.ToUpper」
    「String.ToLower」
    「String.OrderBy」
    「String.OrderByDescending」
    「String.StartsWith」
    「String.EndsWith」
    「String.IsEmpty」
    「String.IsNotEmpty」
    「Date.GetYear」
    「Date.GetMonth」
    「Date.GetDay」
    「Date.GetHour」
    「Date.GetMinute」
    「Date.GetSecond」
    「Date.GetMilliSecond」
    「Window.GetX」
    「Window.GetY」
    「Window.GetWidth」
    「Window.GetHeight」
    「Window.GetClientWidth」
    「Window.GetClientHeight」
    「Length」
    「ToMinus」
    「ToString」

19.01.04 ver 
  1. マクロの条件式を廃止しました。
  2. 明るいテーマを廃止しました。
  3. アクション「変数操作」を廃止しました。
  4. 全体的にデザインを更新しました。
  5. アクションリストに値の置換機能を追加しました。
  6. アクションリストに表示するアクション名を色付きで表示するようにしました。
  7. アクションリストでのみ「戻る」と「進む」を実装しました。
  8. 引数に設定追加しました。
  9. 「@ConditionContinue」を「@Continue」に統合しました。
  10. 「@ConditionBreak」を「@Break」に統合しました。
  11. 新しいアクション
    1.「@While」と「@WhileEnd」追加しました。

18.11.17 ver 
  1. ファイルやマクロの並び順を改善しました。
  2. 「キー入力の記録」のアイテム編集に「MouseMoveAndClickに統合する」を追加しました。
  3. 「キー入力の記録」にマウスの移動のみを記録する設定を追加しました。
  4. 新しいアクション
    1.「MouseSetOriginPoint」を追加しました。
    2.「MouseMoveBySteps」を追加しました。
    3.「MouseOffsetBySteps」を追加しました。
    4.「@ConditionBreak」を追加しました。
    5.「@ConditionContinue」を追加しました。

18.11.09 ver 
  1. アクション・マクロの選択画面のマウスの入力において値が正しく入力されない問題を修正しました。
  2. キー入力記録にマウスカーソルの原点座標を設定できるようにしました。

18.11.07 ver 
  1. アクション・マクロの選択画面のマウスの入力において値が正しく入力されない問題を修正しました。
  2. アクション・マクロの選択画面にメソッド生成用ウィンドウを追加しました。

18.11.06 ver 
  1. マクロ割り当ての「マクロの設定を開く」でマクロが正常に選択されない問題を修正しました。
  2. 画像認識を実行中にKeyToKeyが無効、または実行できないプロセスだった場合に画像認識を停止するようにしました。
  3. 割り当て設定(画像認識)の設定画面を新しくしました。
  4. 割り当て設定(画像認識)の設定に画像を保存するための設定を追加しました。
  5. 割り当て設定(画像認識)の設定に「キャプチャー中の画像を別ウィンドウで表示する」を追加しました。
  6. キャプチャー中の画像を表示するウィンドウをリサイズできるようにしました。
  7. アプリケーションの設定に「座標とサイズの選択やテストをする際にウィンドウを最小化する」を追加しました。
  8. メインウィンドウの「タイマー」表記を「バックグラウンド」に変更しました。
  9. 実行中の画像認識を「バックグラウンド」に表示できるようにしました。
  10. 変数一覧で「割り当て設定(画像認識)」の項目を表示できるようにしました。
  11. アクション・マクロの選択画面で編集中の項目がある場合で選択画面を閉じるときにダイアログを表示するようにしました。
  12. 新しいアクション
    「Sound.PlaySystemSound」を追加しました。
  13. 新しいメソッド
    「TemplateMatching.TryMatch」を追加しました。
    「System.GetDate」を追加しました。
    「System.GetTickCount」を追加しました。

18.10.29 ver 
  1. プラグインの仕様を変更しました。18年10月29日より前に作られたプラグインは使用できなくなります。
  2. キー入力を記録する時にリストの表示が遅延する問題を修正しました。
  3. メインウィンドウのステータスに表示されるテキストが長すぎるとアイコンバーが見えなくなる問題を修正しました。
  4. マクロの選択画面でマクロのアクション一覧を表示できるようにしました。
  5. アプリケーションの設定に「タイマー関係のログを表示する」を追加しました。
  6. アクション、マクロ選択画面のテキストボックスをTabキーで次の項目へ移動できるようにしました。
  7. 以下のアクションを追加しました
    ・「MessageBox.Show」を追加しました。
    ・「Window.Activate」を追加しました。
    ・「Console.Clear」を追加しました。
    ・「Console.SetCursorPosition」を追加しました。
    ・「Console.SetCursorVisible」を追加しました。
    ・「Console.Write」を追加しました。
    ・「Console.WriteLine」を追加しました。

  8. 以下のメソッドを追加しました。
    ・「MessageBox.Show」を追加しました。
    ・「Input.GetCursorX」を追加しました。
    ・「Input.GetCursorY」を追加しました。
    ・「Window.GetClientX」を追加しました。
    ・「Window.GetClientY」を追加しました。
    ・「Window.IsMinimized」を追加しました。
    ・「Ime.GetEnabled」を追加しました。
    ・「Ime.IsHan」を追加しました。
    ・「Ime.GetMode」を追加しました。
    ・「String.Format」を追加しました。
    ・「String.GetNewLine」を追加しました。
    ・「Console.ReadLine」を追加しました。
    ・「Random」を追加しました。

  9. 以下のメソッドの名前を変更しました(※変更前のメソッド名でも使用できます)。
    ・「IsTriggerDown」 -> 「Input.GetTriggerState」
    ・「IsGamepadButtonDown」 -> 「Input.GetControllerButtonState」
    ・「IsKeyDown」 -> 「Input.GetKeyState」


18.10.17 ver 
  1. アクション「@EasyFor」のバグを修正しました。

18.10.16 ver 
  1. アクション「@ループ開始」と「@ループ終了」を廃止しました。
  2. コントローラーの設定画面の軽微なバグを修正しました。
  3. マクロ割り当ての設定メニューのレイアウトが横長になる問題を修正しました。
  4. キーが1つだけのホットキーが正常に動作しない問題を修正しました。
  5. 起動時に.NET Frameworkのバージョンをチェックするようにしました。
  6. アプリケーションの設定に「「マクロ一覧」でマクロの詳細を表示する」を追加しました。
  7. 割り当て設定(コントローラー)にカーソル割り当て用の設定ボタンを追加しました。
  8. DirectInputコントローラーとして選択できるデバイスの種類を増やしました。
  9. DirectInputコントローラーの設定画面にトリガー用の項目を追加しました。
  10. マクロ割り当てに「実行キーを離すまで待機する」を追加しました。
  11. マクロ割り当てから割り当てられているマクロの設定へ移動できるようにしました。
  12. マクロにローカル変数を初期化するための設定を追加しました。
  13. アクション、マクロの選択機能を新しくしました。
  14. アクション「@EasyFor」を追加しました。
  15. メインウィンドウのツールに「割り当て一覧」を追加しました。
  16. キー割り当てに「連射」設定を追加しました。

18.09.30 ver 
  1. 「マクロ割り当て」の「実行キーの入力をキャンセル」が機能していない問題を修正しました。

18.09.29 ver 
  1. 「環境設定」のオプションに「キーボードフックを使用する」を追加しました。
  2. キー入力記録のメニューに「カーソルの位置を記録しない」を追加しました。

18.09.24 ver 
  1. 「環境設定」に外部ファイルの割り当てを使用するための設定を追加しました。
  2. 「割り当て設定(画像認識)」にアプリ上の座標を設定できるようにしました。
  3. 「アプリケーションの設定」に「表示の除外リスト」を追加しました。
  4. 「アプリケーションの設定」にセーブに関する設定を2つ追加しました。※1
  5. 編集ウィンドウのページをマウスのサイドボタンで遷移できるようにしました。
  6. メインウィンドウのタイトルを非表示にしたときに閉じるボタンと最小化ボタンを表示しないようにしました。
  7. メインウィンドウのコンテキストメニューに「サイドメニュー」を追加しました。
  8. 「カーソル割り当て」が正常に動作していない問題を修正しました。
  9. 「テンキーの入力を変換する」を使用した際に割り当てた機能が連射状態になる問題を修正しました。
  10. ファイルの変更時にコントローラーのしきい値が更新されない問題を修正しました。
※1
これらの設定は手動セーブにのみ適用されます。



18.09.17 ver 
  1. 割り当て設定(画像認識)でマクロが選択できない問題を修正しました。


18.09.15 ver 
  1. 編集ウィンドウのホームに各種設定のタイルを設置しました。
  2. 編集ウィンドウメニューから「各種設定」を削除しました。
  3. 編集ウィンドウ左側にショートカットアイコンを追加しました。
  4. キー割り当てに「一覧から選択」ボタンを追加しました。
  5. マクロ割り当ての「クリア」ボタンを押してもマクロがクリアされない問題を修正しました。
  6. 割り当て設定(コントローラー)でカーソル割り当てを割り当てても背景色が変わらない問題を修正しました。
  7. プラグインロード時にエラーが発生した場合、エラーを無視するようにしました。
  8. TimerStartが正常に動作しない問題を修正しました。
  9. アクション「Test」でメッセージボックスを最前面に表示させるようにしました。


18.09.12 ver 
  1. マクロのオプション(「連射」「途中停止」)を廃止しました。
  2. カーソル割り当てが重複して実行されてしまう問題を修正しました。
  3. メインウィンドウ「各種ツール」の「ログ」を廃止しました。
  4. DirectInputコントローラーに対応しました。
  5. DirectInputコントローラー用の拡張ボタンを追加しました。
  6. DirectInputコントローラー用の設定画面を追加しました。
  7. マクロ割り当てに「マクロを連射する」を追加しました。
  8. マクロ割り当てに「実行キーを離したときに停止させる」を追加しました。
  9. マクロ割り当てに「トグルモード」を追加しました。
  10. マクロ割り当てに「マクロが停止したときに実行するマクロ」を追加しました。
  11. マクロ割り当て(キーアップ)の色を変更しました。
  12. 割り当てボタンの背景色のスタイルを変更できるようにしました。
  13. アクション「@Break」を追加しました。
  14. アクション「@Continue」を追加しました。
  15. アクション「MouseWheelLeft」を追加しました。
  16. アクション「MouseWheelRight」を追加しました。
  17. 「環境設定」のアプリの制限に設定を追加しました。
  18. 「各種ツール」に「ステータス」を追加しました。
  19. 「変数一覧」でローカル変数を表示、編集できるようにしました。
  20. 「キー入力の記録」と「変数一覧」ウィンドウを最前面に表示させるように変更しました。
  21. 設定ファイルロード時に出力するログを変更しました。
  22. 軽微なバグを修正しました。
  23. UIの調整を行いました。
※ 注意
マクロのオプション(「連射」「途中停止」)はマクロ割り当てへ移動しました。
前バージョンの設定は引き継ぎされないので、割り当て設定から再度設定してください。


18.08.13 ver
  1. ステータスに表示されたマクロの名前が消えない問題を修正しました。
  2. 一部ゲームにおいて、マウスアクションのカーソル移動が行われない問題を修正しました。
  3. 割り当て設定(コントローラー)に「カーソル割り当て」を追加しました。
  4. 割り当て設定(コントローラー)のスティック、トリガーのしきい値を個別に設定できるようにしました。
  5. アクションに「MouseWheelDown」と「MouseWheelUp」を追加しました。
  6. 値や式を指定する箇所にメソッド機能を追加しました。
  7. テーマにパープル色を追加しました。


18.08.05 ver
  1. メニューに「割り当て設定(コントローラー)」を追加しました。
  2. アクションに「SetVibration」を追加しました。
  3. KeyToKeyを無効にした際に、アクションによって入力されたキーをキーアップさせるようにしました。
  4. 一部ウィンドウのデザインを変更しました。


18.07.30 ver
  • アクションリストのメニューに「テンプレート」を追加しました。
  • 画像認識のテストを行うウィンドウのバグを修正しました。
  • アプリ終了時にマウスフックを使用しているとカーソルがカクつく問題を修正しました。
  • アクション選択ウィンドウのバグを修正しました。
  • アクション選択ウィンドウに値の入力ルールを表示するようにしました。
  • アップデート通知を行う際に変更点を表示するようにしました。
  • デザインを全体的に更新しました。
  • 白ベースのカラーを追加しました。
  • 割り当て設定に「キーを入力して探す」ボタンを追加しました。
  • マクロの引数をキーの↑と↓で移動出来るようにしました。
  • マクロの引数をダブルクリックすることで名前を変更できるようにしました。
  • タイトルバーに保存ボタンを追加しました。
 

18.07.11 ver
  • アクション「Test」が表示されていない問題を修正しました。
  • 条件分岐においてエラーログが出力されてない問題を修正しました。
  • 変数の仕様を変更しました。※1
 

18.07.10 ver
  • 通知のバグを修正しました。
 

18.07.08 ver
  • 「テンキーの入力を変換する」のバグを修正しました。
  • 「テンキーの入力を変換する」に説明を追加しました。
  • 「テンキーの入力を変換する」使用時に「NumLock」が「オン」になっていた場合に通知を行うようにしました。
 

18.07.07 ver
  • 「環境設定」の「オプション」に「テンキーの入力を変換する」を追加しました。
  • 「IMEの状態によってKeyToKeyを有効、無効を入りかえる」の動作の改善を行いました。
  • マウスフックを使用時に、マウスボタンの入力が必要な設定でボタンが入力されない問題を修正しました。
  • KeyToKeyにおける、マクロの実行と停止の動作の改善を行いました。※1
 

18.07.01 ver
  • マクロ一覧にフローティングボタンを追加しました。
  • マクロを削除するときに、既に割り当てられていたらメッセージを表示するようにしました。
  • アクションリストでマクロ選択後にF12を押すとマクロの設定を開くようにしました。
  • 設定ファイルの読み込み速度を少し改善しました。
  • KeyToKeyを無効にしたときに、「連続入力のキャンセル」を無効にするようにしました。
  • アクション「ForceStop」を廃止しました。
  • テーマを維持出来るようにしました。
  • PrintScreenを使用不可に変更しました。
  • マウスウィンドウとテンキーウィンドウがデフォルトで最前面に表示されない問題を修正しました。
  • 画像認識に使う画像のパスがKeyToKey.exeのあるディレクトリ以下の場合に相対パスを使用するように変更しました。
  • 「キー入力の記録」に「貼り付け」と「KeyPressに統合」を追加しました。
  • 「キー入力の記録」の「選択中のアイテムをコピーする」を「アクションをコピーする(リスト全体)」に変更しました。
  • KeyToKeyの設定に「デフォルトで「実行キー入力キャンセル」をオンにする」を追加しました。
  • KeyToKeyno設定に「デフォルトで「実行キーの連続入力キャンセル」をオンにする」を追加しました。
  • KeyToKeyno設定に「DirectInputの設定を使用する」を追加しました。
 

18.06.25 ver
  • 一部非推奨アクションを廃止しました。
  • アクション割り当て実行時の表記をアクション名だけに変更しました。
  • アクション割り当てで割り当てられる文法系アクションを表示しないように変更しました。
  • アクション割り当ての設定に「実行キーを離したときに停止する」オプションを追加しました。
 

18.06.21 ver
  • キー入力でエラーが発生し、設定ファイルがリロードされる問題を修正しました。
  • 「Keys.None」の入力でマクロが実行されてしまう問題を修正しました。
  • 「Wait」の待機時間が「0」より小さい場合にエラーを発生させるように修正しました。
  • 「KeyUp」に「他の割り当ての実行を防ぐ」を追加しました。
  • 一部アクションの説明を変更しました。
 

18.06.18 ver
  • 「TickStart」においてマクロを正しくロードできるかチェックを行い、できなかった場合はエラーを発生させるように変更しました。
  • ログをクリアできない問題を修正しました。
  • アクション「Call」を使用できるようにしました。
 

18.06.15 ver
  • タイマー処理の不具合を修正しました。
  • KeyToKey-Console.exeを追加しました。
 

18.06.13 ver
  • 「TickStart」において同じマクロを同時に呼び出すと正常に動作しない問題を修正しました。
  • アクション選択ウィンドウにて「TickStart」の一部の説明を変更しました。
 

18.06.12 ver
  • タイマーを仕様時にメインウィンドウの更新ボタンを押すとフリーズする問題を修正しました。
  • ログウィンドウにログをクリアするボタンを追加しました。
 

18.06.11 ver
  • 外部ファイルのマクロが正常に読み込まれない問題を修正しました。
  • 条件分岐にて存在しない変数を参照した際に「False」を返してしまう問題を修正しました。
  • 「RemoveVariable」が正常に作動しない問題を修正しました。
  • 「変数初期化」にてリストのアイテムをダブルクリックすることで値を編集するダイアログを表示するようにしました。
  • 「変数初期化」にて値を編集、追加するダイアログに、キーやマウスのボタンを直接入力できるボタンを追加しました。
 

18.06.06 ver
  • 前回使用していた背景の透明度を保持するよに変更しました。
  • 設定ファイルをロードする際にファイルが存在しなければ、エラーを通知するように変更しました。
  • タイマーを実行していないときは表示を消すように変更しました。
  • 編集ウィンドウの左側メニューに「保存とメインウィンドウを更新」を追加しました。
  • ログが正しく出力されない問題を修正しました。
  • ログをログウィンドウが表示されいなくても記録するようにしました。
  • 条件分岐の条件式がすべて正しくなかった際のログを表示しないように変更しました。
  • 引き算を行うとエラーが発生する問題を修正しました。※1
  • 「@For」の値の入力が正常に作動しない問題を修正しました。
  • 「@For」の「条件式」を「必須」へと変更しました。
  • 「KeyDown」の「キーダウンするキー」のデフォルト値を「None」に変更しました。
  • 「HanjaMode」が常に表示されてしまう問題を修正しました。
  • 「Keys」などの入力においてアプリケーションがフリーズする問題を修正しました。
  • 「Keys」などの入力においてマウスのボタンを入力できる問題を修正しました。
  • 画像認識のサイズ設定を手動で行えるようにしました。
  • 画像認識で認識した画像の位置を取得できるようにしました。 ※2
 

18.05.05 ver
  • 割り当て設定(画像認識)を追加しました。
  • 画像認識(テンプレートマッチ)用のアクションを追加しました。
  • トップウィンドウの各種ツールに画像を保存するための「キャプチャ」機能を追加しました。
  • 変数一覧ウィンドウにて変数の値が更新されない問題を修正しました。
  • 編集ウィンドウメニューのアニメーションを再生するかの設定を追加しました。
  • 新しくキーを割り当てる時にキーを選択できる状態にするように変更しました。
  • キー割り当てのメニューにクリアボタンを追加しました。
  • 入力記録のWaitを廃止しました。
  • ホットキーに設定されているキーを押した時に、設定されているキーをすべてキーアップする用に変更しました。